生活

[体験談]歯の神経を抜くのは痛い

Pocket

歯医者のイラスト

どうも、ちゃんよつです。

先日歯の神経を抜いてきたのでその時の話をしたいと思います。

これから歯の神経を抜く人や気になっていた人の参考になれば幸いです。

歯の神経を抜くまでの経緯

まず歯の神経を抜くことになった経緯を説明しておきます。

今回神経を抜くことになったのは“前歯の一つ隣の歯”です。

この歯が虫歯になっていたので最初は神経を残す方向で治療してもらいました。

これで治れば良かったんですけど、その日の夜に治療してもらった歯だけでなく全体的にズキズキして眠れなくなりました。笑

もともと先生からは処置が遅すぎたので正直良くなるかは分かりません。

そう言われていたので、ほったらかしてた自分が悪いよな…と後悔しつつすぐ歯医者さんへ。

そこでもうこれは神経を抜くしかないですねとなったわけです。

歯の神経を抜く時は痛いのか

ということで歯の神経を抜いたんですが、普通に痛くて麻酔を2回うってもらいました。笑

表現的には神経を抜くというよりも削ると言ったほうが正確でしたね。

ただ麻酔が効いてきてからは全然痛くなかったですよ。

神経を抜いたあとは、口をゆすいだり先生が歯の中をほじくったりして洗浄しました。

ちなみに僕の場合はこの洗浄が神経を抜いた日とそれから1週間後の2回に分けてありました。

そして洗浄が終わったら詰め物をして治療が終わりって感じです。

一応補足しておくと、前歯付近はどうしても痛いらしいです。

なので同じ神経を抜くといっても奥の方ではまた違うかもしれません。

麻酔が切れてからは何も感じない

治療後は麻酔を2回うってもらったこともあって、数時間はアヒルみたいな口になってました。笑

ですが麻酔が切れてきて、感覚が戻っても神経を抜いた歯が痛くなることはなかったですよ。

というよりも神経を抜いたところだけ何も感じなくなりました。

もし神経を抜いた後も痛みを感じるなら、もう一度歯医者さんに診てもらいましょう。

逆に虫歯になっても気づかない

というわけで今のところは特に歯が痛くなるようなこともなく過ごせています。

ですが実際に神経を抜いてから思ったのが、痛みを感じなくなった分虫歯になっても気づかないと思います。

なので歯の神経を抜いたら、定期的に詰め物を変えてもらうなどした方が良いかもしれませんね。

でも神経を抜いた歯はどのみち歯自体を抜くことになるんだろうな…というのが正直な感想です。

歯磨きはしっかりしよう

歯の神経を抜くことになってからは歯磨きにすごく気を使うようになりました。

今回神経を抜くことになったのも、そもそも虫歯が原因だったわけですからね。

虫歯ならまだしも神経を抜くのはできればもうラストにしたいです。笑

それに気を使い始めておもいましたが、しっかり歯磨きをすることって難しいです。

なんとなくやってしまう時もありますが、なんだかんだいって日々の積み重ねって大事なので歯磨きをしっかりするように心がけましょう。

まとめ

以上が歯の神経を抜いてきた時の話です。

これから歯の神経を抜く人は頑張ってください。

治療が終わればすごく楽になりますよ^ ^

Translate »