漫画・小説

土方歳三の生き様を描いた歴史小説の名作、燃えよ剣がめちゃくちゃ面白かった!

Pocket

どうも、ちゃんよつです。
幕末を題材にした小説の定番とも言える燃えよ剣。名前は知っていたものの読んだことは無かったんで、同じく司馬遼太郎さんの幕末小説の名作竜馬がゆくと一緒に読みました。

読んだ感想はめちゃくちゃ面白い!なんで今まで読まなかったのか後悔するくらいに。

もう一瞬で幕末好きになりました。読んだばっかの熱量を持て余してこの記事を書こうと思います。まじでおすすめです!
▼他の司馬遼太郎作品はこちらから▼
司馬遼太郎作品まとめ

燃えよ剣あらすじ

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子バラガキのトシは、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、幕末ものの頂点をなす長編。

燃えよ剣上巻裏表紙より引用

新撰組とは?

幕末当時の京都は長州藩や薩摩藩、坂本龍馬など維新志士達の活動中心地でした。

そこで幕府はそれまで京都の治安を維持していた京都所司代などでは維新志士達を防ぎきれないと判断し、維新志士達に対抗するべく剣客集団を結成することにします。

この剣客集団こそが新撰組です。

簡単に今で例えると対維新志士用の警察みたいなものですね。

主人公土方歳三の剣に生きた男の生き様

そしてこの物語の主人公土方歳三といえば泣く子も黙る新選組鬼の副長として恐れられた事で有名です。他にも新選組メンバーでは局長の近藤勇を始め各隊長の沖田総司、斎藤一、永倉新八なども有名ですが、土方歳三この人無しでは新選組の活躍は無かったと言っても過言ではありません!

近藤勇をトップとした新選組を最強の組織に、そして武士として生きる。という夢に向けて奔走する姿は男として熱いものを感じます。しかし個人的には京都での新選組の活躍ももちろん好きなんですが、大政奉還が起きて京を去る事になるあたり(鳥羽伏見の戦いあたり)からの方が土方歳三という男の物語のような気がしてとても印象に残りました。

土方が作中で沖田総司に語った「男の一生というものは、美しさを作るためのものだ、自分の。そう信じている。」という言葉通り自分の中にある信念を貫く生き様がただただかっこ良いです。

幕末という動乱の世の中を生き、鬼神と恐れられた男の熱い物語燃えよ剣是非読んでみてはいかかでしょうか?

ちなみに同作者の竜馬がゆくと一緒に読むとより一層幕末への理解が深まるのでおすすめです。
▼竜馬がゆくについてはこちら▼
竜馬がゆくがめちゃくちゃ面白かった

Translate »