映画

評価が分かれる迷作ロッキー5/最後のドラマあらすじ(ネタバレあり)

Pocket

ロッキー5Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.TM & © 2000-2018All Rights Reserved

どうも、ちゃんよつです。

当時最終話として製作されたこの作品ですが、結果としてシリーズ最低興行収入を記録し酷評されています。

またロッキーシリーズの中では少し異質な作品とされていて非常に賛否が分かれる作品です。(普通に僕は好きです)

▼過去作はこちらから▼

この先はネタバレを含みます。お気をつけください。

ロッキー5/最後のドラマあらすじ

ソ連のイワン・ドラゴを破りアポロの敵討ちを果たしたロッキーはその後会計士の不正によりなんと破産。

その上積み重ねてきた激闘により脳に回復不能のダメージを負ってしまい遂に現役引退を決意します。

引退後ロッキーはミッキーとの思い入れがあるジムでトミー・ガンという新人ボクサーを育成し、トレーナーとして第二の人生を歩んでいました。

Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.TM & © 2000-2018All Rights Reserved

その一方で思春期を迎えた息子ロッキーJr.はトミーの育成に夢中になる父親に対して違和感を感じ、次第に距離を取り反抗的になっていきロッキーやエイドリアンを悩ます事に…

そんなある日トレーナーとして父親として悩んでいたロッキーの前に突如デュークと名乗る派手なプロモーターがやってきて現役復帰を打診しますが、ロッキーは家族の想いを優先して断ります。

そこでデュークが目をつけたのがロッキーの愛弟子トミーです。

金や女の誘惑に負けトミーはデュークに引き抜かれてしまいます。

喪失感の中、ロッキーは本当に大切なものに気付きJr.との関係を修復していきます。

一方トミーはタイトルマッチに挑み見事チャンピオンになりますが、恩人であるロッキーを裏切ったことにより観客から受け入れられず、偽のチャンピオンだ!あの試合は八尾長だ!などと言われてしまいます。

これに納得のいかないトミーはデュークの入れ知恵もあり、ロッキーとの師弟対決を希望。

TVカメラを引き連れ、ポーリーなどの友人と酒場にいたロッキーの所へ試合を申し込みに行くのです。

挑発的な態度でロッキーを煽るトミー。

これを見ていたポーリーが我慢できず口で応戦しトミーに殴られてしまいます。

このトミーの行いにロッキーは遂に激怒し師弟対決はストリートファイトという形で開始するのです…

父親として悩むロッキー

今作の最大の焦点は個人的にここにあると思います。

Jr.はロッキーの息子であるがために、いじめにあってしまうのですが、ロッキーはトミーに夢中で話も聞いてくれないんですね。(ロッキーって不器用な人なんですよ。笑)

そしてトミーには結局裏切られへこんでしまいます。

ここで待ってましたとばかりに登場するのがエイドリアンです!

ロッキー5ではボクサーとしてではなく一人の父親として奮闘していくロッキーの姿にも注目です!

Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.TM & © 2000-2018All Rights Reserved

まさかのストリートファイト

そして今作の評価が低いのは、ロッキーが一度もリングに上がらない!

ここが大きいと思います。

ロッキーの年齢を考えると仕方ないとは思いますが、気持ちは分かります。

そりゃ今までリングで戦うロッキーを見てきたんだもん。見たいですよね。

その代わりに用意されたのがラストのストリートファイトのシーンです。

しかしストリートファイトって言っても要はただの喧嘩です。

今回はルール無しで暴れ回るロッキーを観る事になります。

なので普通のアクションシーン感覚で観ると良いかもしれません。笑

とはいってもなんだかんだ言ってロッキーを応援しちゃいます。

Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.TM & © 2000-2018All Rights Reserved

まとめ

当時は最終話として制作されたため第一線を退いたロッキーの姿を中心に描かれた今作ですが、結果は大不評という形に終わってしまいます。

個人的には人間らしいロッキーが観れて面白かったのですが。笑

しかし!この世間の大不評があったからかは知りませんが、この後スタローン自身がメガホンを取り、リブートという形で続編が公開されるのです!

この迷作があったからこそ、あのラストが生まれたといっても過言ではないんです。

いやそういう事にしておきましょう。笑

ロッキー5の配信サイト

Amazon Primehulu

▼続きの作品はこちら▼

Translate »