漫画・小説

豊臣秀吉の生涯を描いた司馬遼太郎のおすすめ小説新史太閤記(あらすじ、感想)

Pocket

どうも、ちゃんよつです。
先日読んで面白かった国盗り物語に続いて新史太閤記を読みました。
今回の主人公は天下統一を果たした豊臣秀吉です。
▼他の司馬遼太郎作品はこちら▼
司馬遼太郎作品まとめ

あらすじ

日本史上、もっとも巧みに人の心を捉えたと人たらしの天才、豊臣秀吉。生まれながらの猿面を人間的魅力に転じ、見事な演出力で次々に名将たちを統合し、ついに日本六十余州を制覇した英雄の生涯を描く歴史長編。古来、幾多の人々に読みつがれ、日本人の夢とロマンを育んできた物語を、冷徹な史眼と新鮮な感覚によって今日の社会に甦らせたもっとも現代的な太閤記である。新史太閤記上巻背表紙より引用

豊臣秀吉について

本能寺の変で織田信長が討たれた後明智光秀を討って織田信長の後を継ぎ天下統一を果たした人物です。織田信長から呼ばれていたサルという愛称でも知られています。

主人であった織田信長とは違い人望や知略を武器にしていたとされその姿を表現した泣かぬなら泣かせてみせようホトトギスでも有名ですね。また人を殺す事を極力避けたというのも織田信長との大きな違いです。

織田信長、徳川家康と並び三英傑の一人とも言われています。

感想

身分の低い生まれとその見た目の奇妙さからも人に馬鹿にされていた豊臣秀吉が自身の境遇に腐ることなく突き進んでいく姿が印象的でした。

境遇が悪い所からのスタートのため物語が暗くなるかと思いきやそんなことはなくどんな時でも底抜けに明るかった豊臣秀吉の人間的魅力が詰まった作品となっています。

そして人たらしと呼ばれたこの才能は何もなかった豊臣秀吉なりの生き残り方であり、この境遇こそが作りあげた物なのかもしれません。

なにより織田信長の活躍は豊臣秀吉の働きなしではありえなかったでしょう。

組織の中での豊臣秀吉の立ち回り方は現代にも通用しそうなほどである意味一種のビジネス書のようでした。

何もない所からその身一つで成り上がっていく豊臣秀吉の姿に熱くなる事間違いなしです!

Translate »